テレビの話

パリ五輪(5)【パリオリンピック出場】水球男子日本代表の意欲的な戦い ベテラン&若手の注目選手たち

まりん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

はじめに

東京2020オリンピックで水球男子日本代表は善戦したものの、メダル獲得には至りませんでした。しかし、2024年のパリ五輪に向けて、日本代表は新たな飛躍を期して備えています。
本記事では、パリ五輪の水球男子日本代表に注目し、主要選手や監督の意気込み、チームの戦術や目標などを詳しく解説します。

⽔球とは、7名で構成された2つのチームがプール内に作られたコートの中で、ゴールにボールを⼊れあい、点数を競いあう競技です。
ボールを⼿で扱うことから、「⽔中のハンドボール」とも⾔われています。

選手名所属
棚村 克行ブルボンKZ
新田 一景ブルボンKZ
稲場 悠介ブルボンKZ
足立 聖弥イカイKingfisher74
渡辺 太陽イカイKingfisher74
鈴木 透生イカイKingfisher74
伊達 清武イカイKingfisher74
高田 充イカイKingfisher74
大川 慶悟イカイKingfisher74
荒木 健太イカイKingfisher74
西村 永遠イカイKingfisher74
荻原 大地日体大
井上 皆京都・鳥羽高

主力選手の期待

パリ五輪に向けた水球男子日本代表の中心選手には、ベテランから若手まで実力者が揃っています。

ゴールキーパー 棚村克行選手

34歳の棚村克行選手は、リオデジャネイロ五輪、東京五輪に続き、3大会連続10回目の出場を果たします。ゴールキーパーとして守護神の役割を担う棚村選手は、リオ五輪から着実に実力を付けてきました。2022年の世界選手権では過去最高の9位入賞を果たすなど、メダル獲得に向けて大きく飛躍しています。

海外勢との体格差を克服するため、体重を5kg増やすなど、徹底した準備を重ねてきました。俊敏性とスピードを武器に、日本人選手の得意分野を生かした戦術を立てることが期待されています。

エース 鈴木透生選手

24歳の鈴木透生選手は山形県出身で、チームのキャプテンを務めるエース選手です。
小学1年生からクラブチームで活躍し、東京五輪にも出場した経験を持ちます。「日本代表チームのスタミナは世界トップクラスで、ベスト8やメダルも夢ではない」と意気込みを語っています。

鈴木選手の得点力と先導力には大きな期待がかかっており、攻撃の中心を担う存在となることでしょう。

若手の台頭

日本代表には足立聖弥選手、渡邉太陽選手、荻原大地選手などの若手選手の活躍も期待されています。東京五輪から経験を積んだ彼らは、パリ五輪で飛躍が見込まれる選手たちです。

特に代表最年少の17歳・井上皆選手は、ベテラン棚村選手と若手選手の連携のもと、攻撃の核となる可能性を秘めています。

戦術・目標

パリ五輪で目指す水球男子日本代表の戦術と目標を見ていきましょう。

スピード・パスワーク

日本代表はこれまでスピーディーなパスワークを得意としてきました。欧州勢の強さが際立つ中、日本の不変の武器であるスピードを最大限に生かした攻撃が期待されています。

また、パスワークの速さだけでなく、展開の速さや意思決定の速さといったスピード感全般が強みとなることでしょう。

8強入り・メダル獲得

オリンピックの決勝リーグ進出、つまり8強入りを最低目標に掲げています。さらに、棚村克行選手がメダル獲得を公言するなど、史上初のメダル獲得を狙います。

世界選手権での9位入賞を踏まえ、水球界に風穴を開ける活躍が期待されています。

まとめ

2024年のパリオリンピックでは、水球男子日本代表が世界の壁に果敢に挑戦します。
ベテランの棚村選手を中心に、鈴木透生選手やその他の若手の台頭が期待される一方、大本 洋嗣監督の手腕にも注目が集まります。

日本代表のスピードとパスワークを武器に、8強入りを最低目標に掲げ、さらには史上初のメダル獲得を狙います。海外遠征や壮行会を経て、大会での活躍に期待がかかる水球日本代表。メダル獲得の夢の実現に向け、選手一同が身を削った戦いを見せてくれるはずです。

ABOUT ME
まりん
まりん
会社員 2児のママ
家族構成:夫と男の子と女の子の双子の4人家族
趣味:読書 アウトドア活動 料理
2023年に一家で移住。 子育てや日常生活、お気に入りのものや暮らしの工夫などを紹介するライフスタイルブログです。日々の小さな喜びや発見を共有し、読者の皆さんと一緒に成長していけたらと思います。よろしくお願いいたします。
記事URLをコピーしました