暮らし

人生が変わる!習い事の始め方、理由とその驚くべき成果

lifestyle
まりん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

習い事を始めることは、単なる趣味の範囲を超え、人生に大きな変化をもたらす一歩となり得ます。
人それぞれにさまざまな動機がある中で、どのような理由で習い事に手を出し、その結果、どのような成果が得られたのか。
ある人にとっては、仕事に役立つ新たなスキルを習得する手段となり、またある人にとっては、自己発見や人生の転機を迎えるきっかけとなることもあります。
ここでは、”人生を変えた習い事、始めた理由、そしてそれがもたらした成果”というテーマを掘り下げ、習い事が人生の質を向上させる方法について考えます。

1. 習い事がもたらす人生の変化

hobbies

習い事をすることで、人生が変わることを実感することがあります。
習い事の目的はただ知識を得るだけではありません。
実際のアンケート結果からもわかるように、習い事の目的は知識習得とともに気分転換もあります。45%もの人が「気分転換ができた」と回答しています。

習い事を通して、健康や達成感を得ることができるということもあります。
さらに、新たな出会いや友達を作ることもできます。習い事は技術だけでなく、人間関係の築き方も学ぶことができます。

習い事をすることで、新しい目標や挑戦が生まれ、日常に活気を与えることもあります。例えば、「ピアノを習い始めたMARIさんは、退職後に自分のやりたいことに打ち込めるようになり、定年後の日々が楽しく感じられるようになりました。

子供にとっても、習い事は大きな変化をもたらすことがあります。
例えば、「ダンスを習ったHANAさんは、学校のイベントで目立つ存在になり、自信を持つようになりました。

また、英語教室に通ったKAKERUくんも、積極的になり、友達が増えることで自信を得ました。

習い事の影響は、個人によって異なります。
習い事をすることで、精神的にも肉体的にも充実した生活を送ることができます。
新しい出会いや目標の実現、自己成長など、さまざまな良い影響がもたらされます。
習い事を始めることで、日常の充実度や生活の質を向上させることができるので、ぜひ挑戦してみてください。

2. 習い事を始めたきっかけ

hobbies

習い事を始めるきっかけは人それぞれです。
背景や目標によって習い事を始める理由も異なります。
以下に、習い事を始めたきっかけに関するポイントをまとめました。

2.1 親や兄弟・友達の影響

  • 子ども時代の習い事経験者の多くは、親や兄弟、姉妹、友達の影響を受けて習い事を始めています。
  • 親の勧めによって始めた習い事は最初は嫌々でも、自分で「できた」とか「やりがい」を見つけて楽しくなることもあります。
  • 兄弟や友達が通っている習い事に便乗して始めることもあります。

2.2 自分の意思による始め方

  • 自分自身の意思で習い事を始める人も多いです。
  • 最初は楽しかったけれども「できない」とか「きつい」といった困難が続き、つまらなくなることもあります。
  • 必ずしも「やりたいことはやりたいこと」「やらされごとはやらされごと」とは限らず、自身の考え方や捉え方によって「やらされごとがやりたいこと」に変わったり、「やりたいことがやらされごと」になったりすることもあります。

2.3 大人になってから始める習い事

  • 大人になってから始める習い事も多いです。
  • ある調査によると、大人になってから始めた習い事で最も多かったのは「英語・英会話」でした。
  • 仕事で活用するためや必要性から始めるケースが多いようです。
  • 子どもを通じて習い事を始めることもあります。

上記のように、習い事を始めるきっかけは様々であり、個人の意思や環境によって異なります。
重要なのは、自分が興味や意欲を持って習い事を始めることや、必要に迫られて始める場合でも自分が楽しむことを忘れずに取り組むことです。
自身の変化を起こし、興味や夢のある分野に進んだとしても、自分の楽しみを大切にすることが重要です。

3. 仕事に役立った習い事とその理由

education

習い事は多くの人にとって仕事に役立つことが示されています。具体的に、どのような習い事が役に立つのかを見ていきましょう。

仕事に役立った習い事 1位は「公文・学習塾・幼児教室」

仕事に役立った習い事の1位は「公文・学習塾・幼児教室」です。この習い事が仕事に役立った理由として、以下のような要素が挙げられています。

  • 塾で学んだ勉強の仕方が資格試験の取得に役立った
  • 仕事においては常に学び続ける姿勢が必要であり、その基盤を習慣づけることができた

この習い事が仕事に役立つ理由として、学習方法の確立や学習の習慣化が挙げられます。
仕事に従事するだけでなく、自主的な学習によるスキルアップが求められる職業も多いのです。
幼少期から学生時代に培われた学習習慣や学び続ける意欲は、仕事にも応用することができる可能性があります。

デジタル社会でも字はキレイなほうが有利? 「書道・習字」

2位には「書道・習字」がランクインしました。この習い事が仕事に役立った理由として、以下のような要素があります。

  • 会議でホワイトボードに内容を手書きでまとめることができる
  • 手書きでイメージをまとめることで議論をリードすることができる
  • 入館時の名前記入が誉められ、話題になったことがある
  • 会社でのし袋の宛名書きなどを頼まれることが多い

具体的な事例が示されることで、仕事に役立つという理由が明確になっています。
書道や習字の習得は、仕事上のコミュニケーション能力や表現力に役立っていることがわかります。
デジタル社会であっても、手書きのスキルは重要な要素であり、頼りにされる理由となるのでしょう。

チームスポーツの経験は社会で役立つ

「野球」「サッカー」などのチームスポーツを経験した人たちの多くが、人間関係や協調性、体力、時間管理など、社会で役立つ要素を挙げています。
チームスポーツでは、個人のスキルだけでなく、協力やコミュニケーションの重要性も学ぶことができます。そのため、社会人になっても役立つのです。

習い事を通じて身体能力が向上するだけでなく、人間関係を築くことで社会での活躍が期待できるという意見が多くありました。

習い事を通じての成長と新たな趣味の発見

さまざまな習い事を通じて成長できると感じる人も多くいます。
例えば、「ピアノ」や「バレエ・ダンス」を通じて、自己表現能力や集中力が向上したと感じる人が多いです。また、習い事を通じて得意なことを見つけることで自信を持ったり、友達を作る機会が増えたりするなど、個人の成長に大いに貢献しています。

習い事を通じて身体能力や自己肯定感を高めることで、仕事だけでなく人生の様々な場面で役立てることができます。

仕事に役立つ習い事には、勉強方法や学習の習慣化、コミュニケーション能力や表現力の向上、チームワークや協調性の養成、自己成長や自己肯定感の向上など、多様な要素が含まれます。
自身にとって役立つ習い事を見つけ、仕事に活かすことで、より一層の成長や成功が期待できるでしょう。

4. 大人が習い事を始める理由とメリット

大人が習い事を始める理由は人によって異なりますが、多くのメリットが存在します。大人になると、仕事や家庭の責任が増え、新しいことに取り組むことが難しくなります。しかし、習い事を始めることで以下のようなメリットが得られる可能性があります。

1. 自己成長とスキル向上

大人は一つの仕事や専門分野に偏ることがありますが、習い事を始めることで新しいスキルや知識を身につけることができます。
例えば、趣味で音楽を始めれば楽器の演奏技術が向上し、マインドフルネスを学べばストレス管理のスキルが向上するでしょう。異なるジャンルの習い事に取り組むことで、自分の視野が広がり、新たな可能性を見い出すことができます。

2. 趣味の発見と人生の楽しみ方

大人になると休みの日に何をするか迷うこともありますが、習い事を始めることで自分の趣味を見つけることができます。
例えば、料理や絵画、写真などに興味があるのならば、それらの習い事を始めることで自分の才能を発見できるでしょう。
そして新たな趣味を通じて人生をより楽しむことができます。また、習い事を通じて新たな友達を作ることもできるでしょう。
同じ趣味を持つ人々との交流は、新たな出会いと思い出を生み出すでしょう。

3. 複業のチャンスやキャリアアップの可能性

習い事を通じてスキルを向上させることで、そのスキルを生かして複業のチャンスを得ることができるかもしれません。
例えば、プログラミングのスキルを身につければ、副業としてウェブサイトの開発やアプリの作成ができるでしょう。
また、仕事に役立つ知識や経験を身につけることで、キャリアアップのチャンスも増えるでしょう。習い事を通じて新たなスキルを身につけることで、自身の価値を高めることができます。

4. メンタル面の充実とストレス解消

習い事をすることで生活にメリハリが生まれることがあります。
自分のやりたいことに没頭することで、仕事やストレスから解放されることができます。
例えば、ヨガや瞑想の習い事を始めれば、メンタル面の充実やストレスの解消に役立つでしょう。
また、習い事を通じてコミュニケーション能力や自己表現力も向上することが期待できます。これによって、日常生活や仕事での人間関係も良好になるでしょう。

大人が習い事を始めることには多くのメリットがありますが、始める際には費用や時間の管理に注意が必要です。習い事には費用の他に交通費や講師へのお礼などの間接的な出費もかかる場合がありますので、計画的に取り組むことが重要です。
また、習い事に取り組む際には自分自身の能力やモチベーションを把握し、自分に合った習い事を見つけることも大切です。

自己成長やスキルアップ、充実した生活、新たな出会いを求めるために、ぜひ大人になってからの習い事に挑戦してみましょう。

5. 子どもにおすすめの習い事と非認知能力の伸ばし方

子どもの非認知能力を伸ばすためには、興味を持って継続できる習い事を選ぶことが重要です。以下では、おすすめの習い事をいくつか紹介します。

ダンス

  • ダンスにはバレエ、チアダンス、ヒップホップ、ジャズダンスなど、子どもが興味を持てる多くの種類があります。
  • ダンスは手足を動かすことはもちろん、リズム感や音楽に合わせた表現力を養います。
  • グループでのパフォーマンスやチームプレーを通じて、協力やコミュニケーション能力も育まれます。

合気道

  • 合気道は武道の一つであり、勝ち負けよりも自己成長を重視しています。
  • 組手の練習や段位制度を通じて、自己肯定感や協調性、忍耐力などの非認知能力を伸ばすことができます。

絵画・工作

  • 絵画や工作は子どもの創造力や表現力を豊かにします。
  • 自由な発想や想像力を養うことで、問題解決能力や創造性が発展し、非認知能力が向上します。

プログラミング

  • 子供たちは学校でプログラミングの学習が始まりました。
  • プログラミングを通じて物事の因果関係や論理思考を学び、問題解決能力やクリエイティビティを養います。

水泳

  • 水泳は身体全体を使うスポーツであり、子どもの成長を実感しやすい習い事です。
  • 集団での練習を通じて協調性や社交性を培うことができ、自己管理や向上心も養われます。

子どもの非認知能力を伸ばすためには、以下のポイントにも注意する必要があります。

  • 子どもの興味に合った習い事を選ぶことが重要です。例えば、音楽が好きな子には楽器の演奏を、大自然に興味がある場合はキャンプやハイキングによる自然体験をおすすめします。
  • 成果や評価に焦点を当てるのではなく、継続して取り組むことができる教室を探しましょう。
  • 頭だけでなく体を使うことができる習い事を選ぶことも大切です。身体を動かすことで子どもはストレスの解消や健康促進ができます。
  • 自然体験や地域体験ができる習い事を見つけると、さらなる成長が期待できます。例えば、農業体験や地域の文化に触れる活動は、子どもにとって価値ある体験となるでしょう。
  • 長期的な習い事の継続が非認知能力の向上につながります。子どもが興味を持ち、楽しみながら継続できる環境を整えましょう。

子どもの個性や興味に合わせた習い事を通じて、非認知能力を伸ばすことが大切です。親としては、子どもの意思を尊重し、適切なサポートを提供することが求められます。適切な習い事を見つけ、子どもが楽しく成長できるようにしましょう。

まとめ

習い事を始めることは、人生を劇的に変えることができます。
習い事を通じて得られる気分転換や健康、新しい出会いや友達作りは、人間関係の築き方を学ぶ機会でもあります。
また、習い事を通じて生まれる新たな目標や挑戦は、日常に活気を与えることもあります。

習い事を始めるきっかけは人それぞれであり、親や友達の影響だけでなく、自分自身の意思や興味から始めることもあります。
大人になってから始める習い事も多く、仕事の役に立つ習い事や新たな趣味を見つけることで、自己成長やキャリアアップのチャンスを得ることができます。

特に子どもにおすすめの習い事は、ダンスや絵画、プログラミングなど多岐にわたります。これらの習い事を通じて、非認知能力を伸ばすことができます。
子どもの興味や個性に合わせた習い事を見つけることが重要であり、長期的な継続を通じて成果を出すことができます。

習い事を通じて得られるメリットは多岐にわたります。
自己成長やスキル向上、新たな趣味の発見、複業のチャンスやキャリアアップの可能性、メンタル面の充実とストレス解消など、人生をより豊かにすることができます。

習い事を始めることは、日常の充実度や生活の質を向上させ、新たな可能性を開くことができるので、ぜひ挑戦してみてください。
自分の興味や意欲を大切にし、成果を得ることで一層の成長や成功が期待できます。人生をより充実させるために習い事に取り組んでみましょう。

よくある質問

Q1. 習い事を始めるにはどのような準備が必要ですか?

習い事を始める準備としては、以下のことが挙げられます。
– 習い事の種類や目的を明確にする
– 先生や教室を選ぶ
– スケジュールや費用を確認する
– 必要な道具や服装を用意する

Q2. 習い事はいつから始めるべきですか?

習い事を始めるタイミングは人それぞれです。子供の場合は、興味や体力に合わせて始めることが多いです。大人の場合は、自分のスケジュールやライフスタイルに合わせて始めることが重要です。

Q3. 習い事の効果はどれくらいの期間で実感できますか?

習い事の効果は個人差がありますが、通常は数ヶ月から半年程度で実感することができます。習い事に取り組む頻度や熱意、前提となる基礎能力などによっても効果の実感は異なることがあります。

Q4. 習い事をやめるタイミングはいつですか?

習い事をやめるタイミングは人それぞれですが、以下のような場合に検討することがあります。
– 自分の興味やモチベーションがなくなった場合
– 継続することが難しくなった場合(予定の都合や経済的な理由など)
– 別の習い事に取り組みたいと思った場合
– 教室や先生との相性が合わない場合

ただし、習い事をやめる場合には、あらかじめ教室や先生とのルールや契約内容を確認し、適切な連絡をすることが大切です。

ABOUT ME
まりん
まりん
会社員 2児のママ
家族構成:夫と男の子と女の子の双子の4人家族
趣味:読書 アウトドア活動 料理
2023年に一家で移住。 子育てや日常生活、お気に入りのものや暮らしの工夫などを紹介するライフスタイルブログです。日々の小さな喜びや発見を共有し、読者の皆さんと一緒に成長していけたらと思います。よろしくお願いいたします。
記事URLをコピーしました