暮らし

仕事を続けながらスキルアップ!? 「リカレント教育」であなたの可能性が広がる

education
まりん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

リカレント教育は、仕事を続けながらキャリアアップやスキルアップのための学習を行うことで、経済社会の変化に柔軟に対応できる教育の形態です。

ここでは、リカレント教育の概要、導入するメリット、具体的な導入方法などについて詳しく解説します。社会人の方々が自身の可能性を広げ、豊かな人生を送るためのヒントが満載ですので、ぜひご一読ください。

1. リカレント教育とは?

education

リカレント教育とは、社会人が職場で役立つために新たな知識やスキルを学び直す学習活動のことを指します。この教育形式では、社会人が仕事をしながら学ぶことや、自己啓発を目的に学びを行うことが重視されます。

具体的には、リカレント教育は以下の特徴を持っています。

  1. 柔軟な学びの形態: 社会人は働きながら学ぶことができ、通学型やオンライン学習など、様々な方法が利用できます。
  2. 自由な学習内容とスケジュール: 個人の学習ニーズや目標に合わせて、学習内容やスケジュールを自由に選択できます。

リカレント教育の目的は、社会人が自己の市場価値を高め、キャリアアップやスキルアップを図りながら、より豊かな人生を送るための手段を提供することです。具体的な意義としては以下が挙げられます。

  • 労働市場の変化に対応できる柔軟性を獲得できる。
  • 現職の成果やパフォーマンスを向上させるために新しい知識やスキルを習得できる。
  • 自己成長や個人的な目標の達成に寄与することができる。
  • 終身学習の意識を高め、人生の質を向上させることができる。

リカレント教育の方法としては、大学や専門学校での通学型の学習、オンライン学習プラットフォームを活用した自己学習、セミナーや研修などの集中的な学びの場での学習があります。個人の意欲や学習スタイルに合わせて、柔軟に学ぶ方法を選択することが重要です。

2. リカレント教育が注目される理由

education

リカレント教育が注目される理由は、以下の3つに分けられます。

2.1 経済社会の変化への対応

現代の経済社会は、技術革新や長寿化、少子高齢化などの要因によって大きく変化しています。これに対応するためには、個々の人々が自らの人生を再設計し、キャリアアップやキャリアチェンジが可能な知識やスキルを身につける必要があります。政府もリカレント教育の拡充を目指し、予算措置を行っていることから、注目が集まっています。

2.2 雇用の流動性への対応

現代の社会では、社会的な価値観や働き方が多様化しており、転職やキャリアチェンジが当たり前となっています。これにより、雇用の流動性が高まることが避けられません。企業も社員のリスキリングを進める必要があり、キャリアアップやキャリアチェンジを支援する仕組みが求められています。したがって、リカレント教育の重要性が高まっています。

2.3 人的投資とSDGsへの取り組み

日本企業における人的投資の低さや、人材の価値を上げる取り組みの不足が課題とされています。人的投資は企業の競争力に直結する要素であり、人材の資本価値は投資家の関心も高まっています。また、リカレント教育はSDGsの目標である「質の高い教育をみんなに」「働きがいも経済成長も」に寄与する取り組みとしても注目されています。

以上の理由から、リカレント教育は注目されており、個人や企業にとって重要な要素となっています。

3. リカレント教育の導入が企業に与えるメリット

education

リカレント教育の導入は、企業に多くのメリットをもたらします。以下では、その主なメリットについて紹介します。

3.1. 生産性の向上

従業員がリカレント教育を受けることによって、新たなスキルや知識を習得することができます。これにより、従業員の能力が向上し、業務の効率化や品質向上につながります。具体的なメリットとしては、以下の点が挙げられます:

  • 新たなスキルの習得による業務の効率化
  • 知識のアップデートによる品質の向上

従業員の能力向上は、企業全体の生産性向上に直結します。

3.2. モチベーションの向上

リカレント教育を通じて従業員が成長することにより、自己成長の実感や達成感を得ることができます。これは、従業員のモチベーション向上につながります。以下に、モチベーション向上につながる要素を紹介します:

  • 新しいスキルや知識の習得
  • 職務遂行の自己成長の実感
  • キャリアアップへの道筋の設定

従業員のモチベーション向上は、業務への取り組みや責任感の向上につながります。

3.3. 専門性の向上

リカレント教育により、従業員は職務に必要な専門知識やスキルを継続的に学ぶことができます。以下に、専門性の向上によるメリットを挙げます:

  • 高度な専門知識やスキルの習得
  • 新たな業務への挑戦や責任範囲の拡大

従業員の専門性の向上は、企業内での役割や責任の担い手の育成につながります。

3.4. 従業員の満足度向上

リカレント教育の導入により、従業員にとって働きやすい環境が整備されます。従業員の成長やキャリアアップの機会を提供することで、従業員の満足度が向上し、企業への忠誠心も高まります。以下に、満足度向上につながる要素を示します:

  • 自己成長やキャリアアップの機会の提供
  • 従業員の意見やフィードバックへの配慮
  • ワークライフバランスのサポート

従業員の満足度向上は、離職率の低下や定着率の向上につながります。

3.5. 社外人脈の構築

リカレント教育の場では、さまざまな業界や分野の人々が集まります。従業員はこうした機会を通じて、社外の方々と交流することができます。以下に、社外人脈の構築によるメリットを示します:

  • 新たなビジネスチャンスの創出
  • 情報収集の機会の拡大

従業員の社外人脈の構築は、企業の収益や情報獲得の源泉となり得ます。

リカレント教育の導入は、企業にとって非常に有益です。生産性の向上、従業員のモチベーション向上、専門性の向上など、さまざまなメリットが期待できます。企業はリカレント教育を通じて、従業員の成長をサポートし、共に成長することが重要です。

4. リカレント教育を導入する方法

education

リカレント教育を導入する際には、以下の方法があります。具体的な導入方法とその特徴について解説します。

通学を利用する

まず一つ目の方法は通学です。社員が仕事の後に大学や教育機関に通い、リカレント教育を受けることができます。この方法の特徴は以下の通りです。

  • 大学ごとに専門分野に特化したカリキュラムがあるため、社員は自分の関心やニーズに合わせた学びを選択できます。
  • 講義は夜間や休日に行われるため、社員は仕事と学びを両立できます。
  • 一定の費用がかかりますが、一般的には入学金と授業料を併せて数十万円程度です。

教育環境を整備する

もう一つの方法は、企業内でリカレント教育を実施するために必要な教育環境の整備です。以下のような環境整備が必要です。

  • 役割や職位に応じた研修プログラムを用意することで、社員は必要なスキルや知識を効果的に学び直すことができます。
  • 社内で独自の学習教材を提供したり、外部の教材を導入することで、効率的な学習環境を整えることができます。
  • eラーニングを導入することで、社員はオンライン学習プラットフォームを利用して自分のペースで学ぶことができます。
  • 企業独自のリカレント教育プログラムを作成し、社員のニーズに合わせて学びを提供することもできます。

これらの方法を組み合わせることで、リカレント教育を効果的に導入することができます。また、大学との共同プログラムや外部の教育機関との提携など、企業によって様々な形態でリカレント教育を実施しているケースもあります。

注意点

リカレント教育を導入する際には以下の点に注意する必要があります。

  • 社員の給与支払い方法を再構築する必要があります。教育研修中の給与支払いのルールや基準を事前に制度に落とし込み、従業員に十分に説明しておく必要があります。
  • リカレント教育を受けた社員の知識や技能をどのように評価するかを明確化する必要があります。評価方法や基準を事前に定め、社員に理解させることが重要です。
  • リカレント教育で学んだ知識や技能を実務でどのように展開するかを明確にする必要があります。社員に教育と実務の関連性を示し、学びを実践に活かす機会を提供することが大切です。

これらの注意点を踏まえながら、リカレント教育を導入することで、社員のスキルアップやキャリアの発展につなげることができます。企業独自のニーズや状況に合わせて最適な導入方法を選択し、効果的な教育環境を整備してください。

5. リカレント教育に関する支援制度

education

リカレント教育を受ける際には、政府や自治体が提供しているさまざまな支援制度を利用することができます。以下では、リカレント教育に関する主な支援制度を紹介します。

1. 教育訓練給付金

教育訓練給付金は、受講費用の一部(20〜70%)を講座修了時に受け取ることができます。給付金の額は、受講する教育訓練の内容によって異なります。この制度を利用することで、経済的な負担を軽減することができます。

2. キャリアコンサルティング

キャリアコンサルティングは、労働者が自身のキャリアや職業生活に関する相談やアドバイスを受けるサービスです。キャリアコンサルティングを通じて、自分自身のキャリアやスキルについて再度認識し、適切なアドバイスを受けることができます。これにより、より自信を持ってリカレント教育に進むことができます。

3. 公的職業訓練(ハロートレーニング)

公的職業訓練(ハロートレーニング)は、希望する職業で必要なスキルや知識を無料で学ぶことができます。雇用保険の対象にならなくても、一定の条件を満たしていれば訓練を受けることができます。この制度を利用することで、誰もが自己啓発やキャリアアップを図る機会を得ることができます。

4. 高等職業訓練促進給付金

高等職業訓練促進給付金は、ひとり親が国家資格や民間の資格を取得する際に受け取ることができる給付金です。国家資格だけでなく、デジタル分野の民間資格も対象となっています。この給付金を活用することで、ひとり親の方々もリカレント教育の機会を得ることができます。

これらの支援制度は、リカレント教育の負担を軽減するために非常に便利です。企業側は、これらの制度を社員に積極的に案内することで、リカレント教育の活用をより効果的に促進することができます。

具体的な支援制度の詳細や申請方法については、各制度を提供している政府や自治体のウェブサイトを参照してください。企業側は、積極的に社員にこれらの制度を提案し、リカレント教育の受講をサポートすることが重要です。

まとめ

リカレント教育は、経済社会の変化や雇用環境の流動性に対応し、自己成長やキャリアアップを図る上で重要な教育形式です。企業にとっても、生産性の向上、従業員のモチベーション向上、専門性の強化など、多くのメリットがあります。リカレント教育の導入にあたっては、通学型や自社内研修の活用、政府や自治体の支援制度の活用など、さまざまな方法があります。企業は社員のニーズに合わせた最適な方法を検討し、リカレント教育の推進に努めることが重要です。これにより、企業と社員が共に成長し、活力ある組織を実現することができるでしょう。

ABOUT ME
まりん
まりん
会社員 2児のママ
家族構成:夫と男の子と女の子の双子の4人家族
趣味:読書 アウトドア活動 料理
2023年に一家で移住。 子育てや日常生活、お気に入りのものや暮らしの工夫などを紹介するライフスタイルブログです。日々の小さな喜びや発見を共有し、読者の皆さんと一緒に成長していけたらと思います。よろしくお願いいたします。
記事URLをコピーしました